読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽のあたる場所

早く大人になりたいと夢みてた 今しかできないことは一生 夢の結晶 いつか実証

はじめまして。

齢20年。イケメンと聞けばあっちへ行ったりこっちへ来たり。

そんな私が10年、いろんなジャンルを彷徨った挙句結局はスタート地点であるジャニーズに戻って参りました。

 

 NEWSから始まった私のイケメン好きは、その後若手俳優・二次元そして声優と段々と私のイケメンハードルは下がっていくわけだが、いきなりV6沼に落とされた。

 

小学生の時はNEWS、中学生になるとJr.(Ya-Ya-yah一択だった)、そして当時の友人の勧めで見たテニプリにハマり、アニメに乙女ゲーム、果てはBL。若手俳優にも特撮にもハマった。

その頃はまだいわゆる兼ヲタだった。ジャニーズは好きだし、アニメも好き。若いイケメンも好き。二次元のイケメンはもっと好き。

そんな私が、気付いたら男性声優にハマっていた。

きっかけとかそんなものは覚えちゃないけど、確かにハマっていた。

というか、沼だった。

語弊を恐れずに言えば、オジサンたちがはしゃいでる様子を見ているのが好きだった。

可愛くてしょうがなかった。

その頃にはもうジャニーズとかなにそれ?くらいの勢いだった。

お芝居はできるし、歌もそこそこ歌える。踊ろうと思ったら手振りとかステップとかそれくらい。でもそんなオジサンたちが好きだった。

 

そんな私をスタート地点に戻したのは、「HERO」だった。

リアルタイムで観ていた記憶はないけれど、再放送でやっているのを見つけたら嬉しくてたまらなかった、大好きなドラマ。

久しぶりにジャニーズに触れた。かっこよかった。

やっぱり木村拓哉はかっこよかった。

そうしたらSMAPにも興味が湧いてきた。

歌えて踊れて、芝居もできる。その上笑いまで取れる。

私が今まで男性声優に求めていたものそのものだった。

「あ、ジャニーズ楽しい」

そんな感情がふつふつと湧き上がってきた。

好きなゲームのイベントに行っても、待機時間にはツイッター27時間テレビの様子をチェックしたり。

物販に並んでても、聞いてる曲はSMAPだったり。

だから今年の夏のFNSだって、お目当てはSMAPだった。

なのに、私の目に飛び込んできたのは6人で華麗に踊る姿だった。

 

「Wait for You」

あの上 もっと もっと上

 

その姿は、私が知ってるV6じゃなかった。

私が知ってるV6はバラエティで体張って、いつも笑顔で、そんな6人だったのに。

翌日にはSVbを買いに行った。

初回A,B両方とも。

DVDには私の知ってるV6がいた。

CDを聴いて、最初は「あ、この曲知ってる」とか、「懐かしいなあ」とかそんな感想だったのに、次第にだんだん「サンダバのダンス好きなんだよなぁ」とか、「ジャスミンのPVよかったよなぁ」とか。

そんな風に思ってる自分がいて。

そして、Mステ。メドレー。TAKE ME HIGHER

もうだめだった。

好きで好きでたまらないこの感じ。

どんなに与えられても飢えの続くこの感じ。

そしたら、なんかしっくりきた。

思い出したくても思い出せなかった曲はオンドリだったし、ずっと見てたドラマは相棒じゃなくて9係だったし、ゴスペラーズだと思ってた曲はV6だったし君君だった。

小学校卒業の時に使った曲はありがとうのうただったし、犬夜叉といえばV6だった。

近くにありすぎて気付けなかった。

ずっとずっと好きだった。

毎週保育園から急いで帰るほどティガがダイゴが好きだったし、健君目当てで伊東家だって観てた。

涼介君が可愛くて可愛くて喰いタンだって観てた。

浅輪くんも可愛くて仕方なかったし、坂本くんのダンスが好きなんだ。

岡田君のキスシーンのあの感じが好きだったんだ。

それになにより、学校へ行こう!を観て育ってきたんだよ。

やっと見つけた。

そんな感じ。

 

ライブDVDを買って、めちゃくちゃ踊るおじさんアイドルを観て、私が求めてたダンスってこれだと思った。

アルバムをさかのぼって聴いて、知ってる曲もあれば知らない曲もあったけど、でもどんなアーティストよりも食わず嫌いせずに聴けた。

友達に「GUILTYのイントロかっこいいじゃん」って言われれば嬉しいし、素直に頷ける。

こんなこと今までなかった。

たぶん私の中のアイドルの定義、ダンスの定義、音楽性ってずっとV6だったんじゃないだろうか。

 

ここが最後の地になればいい。

ずっと好きでいられたらいい。

そうして死んでいけたらいい。

私は今とても幸せだ。