読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽のあたる場所

早く大人になりたいと夢みてた 今しかできないことは一生 夢の結晶 いつか実証

21年目

明けましておめでとうございます。

久々のカウコン中継。とても楽しかったです。

2016年。V6の21年目が始まったと同時に私の21年目も始まりました。

去年のうちには考えなかったけど、20年もアイドルをグループを続けるということの難しさを、今更考えました。

 

 

2007年9月24日。

私はまだ実家のある岩手にいて、その日はテレビの生中継でHey!Say!JUMPの結成を知った。

 

薮宏太

高木雄也

伊野尾慧

八乙女光

有岡大貴

岡本圭人

山田涼介

中島裕翔

知念侑李

森本龍太郎

 

新グループ結成、やぶひかがデビュー。

その瞬間はとてもうれしかったのを覚えている。

でも次の瞬間にはYa-Ya-yahのことを考えていた。

翔央は?太陽は?

Ya-Ya-yahはどうなるの?

無意識に次のデビューはYa-Ya-yahだと思っていた。

バレーボールの年だから絶対にデビューするグループがあるはず。

そういう予想はあって、じゃあ誰がってなったらそりゃYa-Ya-yahでしょって。

冠番組持ってて、ドラマにも出て、コンサートもやって。

Four Topsが事実上解散になった後のJr.を引っ張ってきたのはYa-Ya-yahでしょ?って。

4人でデビューしない訳がないと思ってた。

でも、現実は違った。

Jr.コンサートのステージセンターに、翔央と太陽はいなかった。

 

それから改変期を過ぎた中途半端な時期に冠番組は終了。

4人でパフォーマンスをすることも減って、気付いたら太陽は事務所を辞めていて。

翔央の姿も見ることはなくなっていった。

 

6年続いたグループは、消えてなくなった。

夢は夢のままだった。

 

私のトラウマ。未だにバックのJr.を見れない訳。

2007年-2008年のカウコン。

Ya-Ya-yahではなくなったジャニーズJr.の山下翔央が先輩のバックで踊ってるのを見たとき、涙が出そうになった。

その時から、Jr.を追いかけるのを止めた。

同時にジャニーズからも目を逸らして生きてきた。

 

自担が事務所からいなくなる恐怖。

それはいつまでたってもなくならない。

それはどのグループだってそうだ。

NEWSも、もちろんV6だって。

熱愛報道とかちょっとした批判記事とか、視聴率の話とかそんなものからは目を逸らして応援していたい。

見たくないのに目に飛び込んできて、思わずページを開いて読んで、そして落ち込む。

解散とか、退所とか、何かに祈るように考えちゃう。

それでも、そんなことがあっても。

20年グループとしてアイドルを続けてくれる6人には尊敬と感謝しかない。

6人が6人で笑っていてくれれば、それで幸せ。

この先も生きていける。

 

 

2011年。金八先生スペシャルにちょこっと映った太陽には救われた。

あ、生きてた!って。

やぶひかと事務所を止めた太陽が同じ現場で撮影をした。

この事実だけで泣ける。

泣きながら、画面を何度も写メった。

私の中で最強のJr.はやっぱりYa-Ya-yahでしかないのだ。